2019年5月26日日曜日

東欧旅行 その5 クラクフからのエクスカーション

クラクフから車で30分くらいにヴィエリチカという小さな町があります
そこには世界遺産の岩塩坑があります
この岩塩坑は13世紀あたりから採掘され 中世クラクフの栄華を支えてきたそうです
なんと財政の1/3を担っていたそうです
凄すぎます。。
今は採掘していないそうで メンテナンスしながら 観光用となっているそうです


観光客に公開されているエリアでも
塩でできた礼拝堂や塩像がたくさんあります
壁は舐めるとしょっぱいそうですよ 塩だから当たり前ですが
不純物が入っているので 白ではなく 灰色のようになっていますので 
舐めて確かめる気持ちがしませんでした。。。


こんな風な通路に整備されていて 3キロくらい歩きながら坑内をツアー観光します
行きは階段で下がりますが 帰りはエレベーターで地上まで戻ります
135メートル地下まで下がりました
人生で最高に地下に潜った体験かも
なかなか見ごたえがある旅体験でした

2019年5月25日土曜日

東欧旅行 その4 クラクフからのエクスカーション

クラクフに来たら 何と言っても アウシュビッツを訪れましょう
悲惨な史実の一つとして 人間の残酷さの事実として
一人一人が胸に刻む必要がある気がします

アウシュヴィッツ(現地ではオシフィエンチム)はクラクフからは70キロの距離
今回は日本語ガイド付きのツアーに参加
ホテルから車で1時間半くらいです


最初に目にするのは
「ARBEI MACHT FREI」(働けば自由になる)と掲げられた門です
ここをくぐると第一次収容所です
今は博物館となり その当時の写真や貴重な資料を展示しています
写真は撮影できますが 被収容者たちから切り取られた髪の毛や靴などの山を目にすると
その惨たらしい現実を直視するのがキツく カメラを向けることができませんでした
ただただ 涙が溢れ出てきます


こちらはアウシュビッツから2キロほど離れたところにあるビルケナウ収容所
第二次収容施設で 広大な敷地です
一大殺人工場として機能し ガス室の跡がそのまま残っています
この鉄道引き込み線に家畜用列車で何百万人もの人々が送り込まれたきたわけです
この両脇に300棟以上のバラックが並び その一部が現存しています


日本語が堪能で知識も豊富な マグダレナさん
彼女の説明を聞きながらの見学
バロックの収容施設前にての一枚です

見学は3時間半くらいの時間でした
この日は写真の通り晴天 日差しの暑い日でした
しかし 雨が降るとぬかるみ足元はぐちゃぐちゃ
冬の寒さは尋常でなく 日中でも零下だそうです
そのような状況で訪れると さらに厳しい現実を少しでも近づいて想像できるかもしれません

私は2度目の訪問でした
またいずれ訪れたいと思います

2019年5月23日木曜日

東欧旅行 その3 クラクフ

ワルシャワからクラクフへ
EIP(新幹線みたいな特急電車)で2時間20分くらいです

車窓からは美しい田園風景が続きます
一等列車は 軽食とドリンクのサービスがあり 快適な旅でした
クロワッサンのサンドイッチかワッフルが選べました
写真はワッフルです 


クラクフ市内の丘の上に建つヴァヴェル城
左側の建物がヴァヴェル大聖堂で 右側の茶色の屋根の建物が旧王宮です
お城の敷地にはフリーで入れますので建物を見るだけでも楽しめます


この日の晩ごはんは ポーランドの家庭料理
手前に写っているのは ポテトパンケーキにマッシュルームソースがかかった一品
これが定番料理です
写真には写っていませんが ピエロギという水餃子の一種も郷土料理です
ポーランド ビールが美味しいかったなぁ

2019年5月22日水曜日

東欧旅行 その2 ワルシャワ

ワルシャワ
ドイツに徹底的に破壊された街を
戦後忠実に復元したポーランド国民の誇りと意地を感じたなぁ



王宮と王宮広場にて
朝のジョギング中に撮影したので 人がいません
朝はお掃除の方々が一生懸命 お掃除をしてくれている姿に出会います



無名戦士の墓
衛兵二人が墓の両側に立って守っています
朝5時くらいでしたがしっかりと立っていました
真冬も警備しているのかと思うと大変だなぁと思ってしまいました



ヨハネ大聖堂でのパイプオルガンコンサート
演奏している方の後ろ姿が見えます
30分ほどのミニコンサートですが 大聖堂での演奏は迫力があって素晴らしかったです
ワルシャワ所縁のショパンも演目にあり 観光気分は大満足でした

2019年5月20日月曜日

東欧旅行 その1

昨年の9月から10ヶ月を経て
再びプラハを訪れました!
今回は ポーランドとチェコの二カ国の旅です

















まずは ポーランドのワルシャワへ
LOTポーランド航空は 成田からの直便が出ています

行きは11時間程度で到着

宿泊は旧市街広場に面したアパートメントにしました
窓からの眺めも素敵です

 

キッチン ダイニング リビングの他に トイレとシャワーは2つあり 浴室が1つ
洗濯機 乾燥機完備で 非常に便利でした



ダイニングと 向こう側の奥がリビングスペースです
この他に ソファでくつろげる部屋と 寝室が2部屋あります
なかなか贅沢に過ごせたワルシャワ2泊でした♪

2019年5月6日月曜日

最近のブーム 和菓子

最近 和菓子作りがブームです!

乳製品を取らないことにしたら 当たり前ですが
洋菓子をほぼ食べなくなり 
プリン ケーキ アイスクリーム クッキーが 遠い存在になってしまいました。。
でも 甘いものをいただきたいっ
となると 必然的に 和菓子が登場します

もともと あんこは好きなので 小豆をよく炊いていたのですが
あんこだけだと お汁粉など一辺倒になってしまって つまらなかったので
ちょっとだけ 本格的な和菓子づくりを始めてみましたー

結構 思ったよりも簡単に作れることに びっくり
なぜ 今まで作らなかったのかっ

これは 桜餅(中は白餡)と 抹茶蒸しパン(中は小豆あん)
ねっ 本格的に見えるでしょ!



この他にも 葛粉にはまっています
葛粉で 胡麻豆腐とか 葛餅 葛餡 などなど
意外と簡単に美味しくできるので 嬉しいです

乳製品大好きだったので ちょっぴり悲しかったのですが
新たな楽しみを発見して 嬉しいです!
やはり何かを手放すと 新しい他のものが手に入るなぁと 思いました

2019年5月5日日曜日

こどもの日の公園

こどもの日の川下公園BBQスペースは
もうそれはそれは ぎゅうぎゅう詰めの すし詰め状態に
朝の10時前から 混雑していました
すごいことだ
いつも閑散としている時間帯なのに びっくり
個人的にはあの煙の中で 人がひしめき合っている中にいるのはやだなぁと思いながら
その光景を眺めながら 公園を1周して 帰ってきました

桜は散り始めて あとひと月もしたら ライラックが咲き始めるんだなぁと思うと
季節の移り変わりは早いですね

GWも終盤で 10連休の方々も 残り2日ですね

私たちは GW明けの8日から10日間の東欧旅行です
昨年に引き続き 今年もチェコに行きます!
楽しみ〜
今年は 「プラハの春」音楽祭のオープニングコンサートがメインイベント
スメタナの「わが故郷モルダウ」をフルオーケストラで鑑賞できるかと思うと
今からわくわくします

旅行前の最終チェックで あれこれホテルなどの連絡を取りながら
プランや段取りを確認しています
パソコンの見過ぎで目が痛い。。。
それにしても Googleマップは便利だなぁ
道や建物はもちろん どんなものまで売っているのか映像に映っているので
イメージがわかりやすい
旅行プランはほんと立てやすくなりました!