2018年10月14日日曜日

後まわしのことを大切に

北欧、東欧旅行から帰ってきてから1ヶ月くらいでしょうか
のんびりしています
アルバイトもお休みして のんびりしています

お洋服を整理して
着ない服をさよならして
着ないけどさよならしたくない服をリフォームして

シャツとスカートを合わせてワンピースにしたり
ワンピースとスカートを合わせてロングワンピースにしたり
たくさんある余り布で、ドライラベンダーのサシェをたくさん作ったり
遊んでいます

こうしたいなと思っていたけど 後まわしにしていたことに
取り組んでいます

いい感じです

2018年の秋はそんな感じで過ごしています

2018年10月9日火曜日

携帯の警報音

昨晩も震度4の地震がありました
我が家は震度2くらいだったでしょうか
余震が続いています。。。

つい先日は震度5の地震が胆振地方でありました
我が家は震度3
余震というより、続震です。。。

何より驚いたのは警報の音
突如、携帯から鳴り響くアラーム音
2台の携帯から響く大きな警報音とアナウンス
心臓が飛び跳ねるくらいビックリしました
おかげで(?)揺れはそれほど驚かず 怖くなく済みました。。。

外出中だったり、会社だったりで 一斉に複数の携帯からこのアラームが鳴り響くと思うとゾッとします。。

アラーム音だから仕方がないのかもしれないけれど
もう少し心臓に優しい音にできないのかな

電話やメールの受信音のように 好きに変更できたらいいのになぁ

2018年10月5日金曜日

ニセコドライブ

最近お気に入りのニセコエリア
秋晴れの4日
真っ青な空が広がる1日をニセコで過ごしました
ドライブ日和

まずは 11時半の焼き上がりに合わせて忍路からスタート
(ニセコではありませんが ニセコ近郊ですのでパンを買いにね)
大好きな、Aigues vivesへ
11時半のスタート時点では 10人はいたでしょうか 長い行列になっていました
私たちは一番目
お目当のオレンジピールなどのドライフルーツ入りのパンと大きなカンパーニュ
クロワッサンを買いました!
幸せのおいしいパンの香りに包まれた車の中 そんな香りとともにドライブです

ランチは最近オープンしたという
ジェラパタットというお店に行きました
http://www.patate.hokkaido.jp

ランチで車という条件だったので、お水で美味しいお料理をいただくという悪条件?
興奮度がやや低めでした
お隣のお客様の声が大きくて、、、なんとなくいい雰囲気が失われた感じでしょうか、、
サービスの女性の方とお知り合いなのか 話し声が大きくなるのです。。。
お野菜が美味しかったので、次への期待は持てるかな
地元のカモを使ったお料理もあるそうで、それを今度は赤ワインと一緒に
いただきたいなと思っています
お泊りだな〜
誰かが遊びにきた時に、行くのがいいのかも
期待以上ではなかったですが ランチ2人で5,400円ですから合格と言えるでしょう

そのあとに 半月湖周辺をちょっと散策して
そして、ナチュラルワインを主に扱っているワイン屋さんへ
ワインを仕入れて オーナー夫婦のお二人としばしの会話で楽しいひと時
それから 京極へ移動して 湧き水をタンクにいただきました
この湧き水が甘くて美味しいんだな

家路に向かう帰り道は ちょうど日が暮れ 美しい夕焼け
羊蹄山の美しいシルエットとオレンジピンク色の空

大満足のドライブデーでした

しかし こうやって振り返って日記に書いてみると
パン、ランチ、ワイン、お水と、、、食べ物と飲み物を手に入れる1日だなぁ

花より団子な我々です。。。

2018年10月3日水曜日

人に寄り添うこと

友人からハワイのお土産といって
パイナップルスパークリングワインが届きました
重いワインをお土産に選び、そしてわざわざ送ってくれる
そんな気遣いや優しさ うれしすぎます

また 地震の時に食器やグラスが割れたと言ったら
別の友人は 食器やワイングラスをたっぷりと送ってくれました
なんという心遣い

自分もそんな優しい気遣いで 人に寄り添いたいなと思う

もちろん 具体的な何かを送るということが 人に寄り添うことだとは思いません
その人のことを思って、その人がいま何を感じているのか、何をしたら喜ぶのか
それに寄り添う思いや行動

時には 叱ることかもしれない
時には 何も言わずに ただただそっと見守ることかもしれない

ひとつ言えることは 寄り添うということは そばにいるということ
物理的に近い距離にということではなく
そばにいるなと感じること
そして その距離もちょうどいい心地よい距離感で そばにいるということ

ずいぶん前に お友達のお家に泊まっていたとき
友人がさっとレモンを絞って 蜂蜜を入れたホットレモネードを出してくれました
何も言わず ただそっとホットレモネードを私の前に出しました

私はそのホットレモネードをいただきながら じんわり和らぎ そして涙が溢れました
会話は一言もせず ただ心地よい時間の流れを感じていました

ホットレモネードを作ってくれたからではなく
ホットレモネードを作ってあげたいなと思うその気持ちに触れて
私は心が温かくなったのだと思います

それが寄り添うことなのかなと
そんな生き方をしていきたいなと思う今日

2018年9月24日月曜日

お留守番して

5日くらいまでの旅行はあれど、10日以上留守にすることはなく
2匹の猫たちにとっても彼らだけで長期のお留守番をするのは初めて
こちらもドキドキでした

札幌に越してきてから ずっとお願いしているペットシッターさんが
毎日様子を見にきて、お掃除やご飯をあげてくれます
その様子をメールで送ってくれるので
写真を見ながら 旅行先でも猫たちの元気な様子にホッとしていました

2匹とも人見知りで 基本的には慣れるまでは自分の陣地に隠れて出てきません

流石に根負けしたのか ノアちゃんが先に姿を見せて甘えモード
スリスリと体を寄せて ブラッシングも気持ちよさそうに受けていました

一方 さくらはさらに人見知り 
人が来ても幻のように姿を見せません
今回は やっと姿を見せてはいたようで 報告のメールにも写真が写っていましたが
一定の距離を置いて 体を触らせてはくれなかったようです

帰国して スネモード全開の2匹
さくらはどこに行くのも離れずに私の後をついて回ります
とにかく見える範囲に私を置いておきたいようです。。
キッチンでお料理をすれば キッチンにあるゴミ箱の上に座り
洗面台に行けば足元に寝転がり
椅子に座れば 足元か机の上に横になり ずっと近くにいます

ノアは できうる限り膝上を陣取り
私が席を立つと ニャーニャーと不満を主張して どうにか膝上に座ろうとします
仕方がないので座ると満足気に膝上に戻り
1、2時間膝上で眠ると やっと満足したぞという顔をして
自分の陣地(ソファーの毛布の下)に戻って眠ります 

ノアのおでこ脇にできた擦り傷も(多分ストレスで擦りすぎて流血、、、)
血色は消えて かさぶたになって治ってきました
よかった

不安だったのだろうな
また海外旅行はしたいけど 猫たちの様子を見るとね。。

お留守番ありがとうね
2匹で力を合わせてよく頑張りました!

2018年9月21日金曜日

北欧と東欧旅行

10日間ほど、旅行に出かけていました
父、弟、夫との4人家族旅行〜♪
楽しかったな

フィンエアー でヘルシンキ経由でのプラハ旅行でした

ヘルシンキでストップオーバーして
ヘルシンキとエストニアのタリンを観光し
後半はプラハに滞在

地震があったので飛行機が飛ぶかどうか心配でしたが
ギリギリセーフで予定通りの旅行ができました
よかった

こちらの写真は、プラハ郊外を巡っているときの写真です
ワイナリー巡りや農家さん訪問、ガーネット掘り(ガーネット宝石を砂を除いて探し出すのですが、細かなガーネットが拾える体験!楽しかったー)
素晴らしい体験をしました!





2018年9月7日金曜日

そして、地震

台風21号の翌日
午前3時過ぎに起きた震度7の地震
札幌市内は、震度6から5程度

ドスンという地響きとともに、激しい揺れ
目覚めてからベッドの上で、割れる食器や何か倒れる音、警報のサイレン
恐怖とともに身動きできずに ただひたすら揺れが止まることを祈っていました

怖かった 

すぐに夜勤に出ていた夫から電話があって 話したらホッとしました
「夜だし、また寝るしかないよっ」と明るい声

落ち着いてから、非常灯を照らし、あたりを見回すと
被害は大きくないことがわかって さらにホッとしました
食器がいくつか割れた程度と 本棚の本や飾り棚のオーナメントが散乱しているくらい

猫たちが心配でしたが、ソファの下で怯えてうずくまっているのを確認して
非常灯からヘッドランプに代えて 割れたお皿やグラスを片付けました

寝るしかないよと言われてもね 眠れません
夜が明けて明るくなると少し恐怖が和らいだのか 疲れからなのか 眠気を感じ
横になって休みながら 夫の帰りを待ちました
顔を見たら力が抜けて安心しました

それから2日
7日の今日、19時近くになって電気が復旧

いろいろ心配してくださった皆さま ありがとうございます

当たり前のことなど何一つないのだと いろんなことに感謝する時間を過ごしています